介護専門求人ナビ|大阪・京都・神戸・姫路市エリアの看護師・介護福祉士・ケアマネージャー・生活相談員の求人、転職は「介護専門求人ナビ」

【良い有料老人ホームの見分け方】

中々難しいテーマですが、今感じていることを書いておきます。

 

まず何をもって良い有料老人ホームとするのか?

 

ここでは

「長く働くことができる職場」

 

ということにします。

 

長く働くためには何が必要か?

・お給料がある程度もらえる

・業務内容に無理がない

・人間関係がそんなに悪くはない

 

こんなところかと思います。

 

で、実際、転職活動の際にその有料老人ホームについて知ることができる手段は

・ハローワーク等の求人票

・施設のホームページ

・面接官の話

・見学

ぐらいでしょう。

 

この4つで「長く働くことができる職場」を見分けなければなりません。

難しいですよね・・・

 

完全に見分けるのはハッキリ言って不可能です。

 

人間関係についてもそうですが、良い施設が数年後に悪い施設になってることもあります。

ある程度あきらめは必要ですが、その中でも「ここは見ておいた方が良い」というポイント2つ挙げます。

 

①面接官の人柄

面接官は「施設長」、「介護リーダー」、「入社した際直属の上司になる方」が担当することが多いです。

この人達と合うかどうかが非常に重要です。一緒に働きたいかどうかですね。

仕事は楽しいことばかりではありませんから、つらいとき、しんどいときに悩みを話せるような方が一緒に働いていないと長く働き続けるのは難しいです。

 

②施設の雰囲気

明るい所が良いです!

面接や見学の際、見かけた職員さんに挨拶をして元気に返してもらえるかどうか。

働いている職員さんが笑顔で働いているか、また入居者さんが楽しそうか。

雰囲気というのは、いろんなことを反映してます。

職員の人間関係、入居者さんへの扱いなど、求人票では判断できないことを確認することができます。

 

この2つは、最低限見ておいた方が良いです

「面接で緊張してしまって何も覚えていない」という方がたまにいらっしゃいますが、せっかく施設と直接接触できる機会ですので、可能な限り情報を取るようにしましょう。

 

 

 

少し別の話ですが「空室が多すぎる」施設も避けておいた方が良いです。

つぶれてしまっては元も子もありませんから。

 

運営元に関して
株式会社アルバイトナビ
株式会社アルバイトナビ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-2-6
TEL.06-6885-8576
介護業界研究
良い有料老人ホームの見分け方
有料老人ホームの違い
介護業界で初めて働く!
介護保険制度②
介護保険制度①
認知症とは?
実務経験で介護福祉士になるには?